ローヤルゼリーの1日の摂取量/サプリメントで美肌も健康も

ローヤルゼリーの1日の摂取量

ローヤルゼリーは健康食品の一種ですので、薬とは違い、摂取量について上限などは決められていません。そのため、好きな量を摂取してかまわないのですが、やはりあまり過剰な摂取は好ましくありません。特にアレルギー体質の方はアレルギー反応が出てしまう可能性もあります。

 

ローヤルゼリー商品の摂取の目安として、日本健康・栄養食品協会は1日あたり500〜3000mgの間が好ましいと定めています。もちろん個々の体質や体調などで摂取しても良い量は異なるので、初めのうちは少量を試して、体調を見ながら少しずつ飲む量を増やし、徐々に目安の量まで上げていくというのが無難な方法でしょう。健康な身体を保つには、毎日続けて摂取することが大切です。体調を崩さない、自分に見合った量を見つけるのがベストな方法といえます。

 

ここで一つ気をつけなければなりませんが、ローヤルゼリーの効果を期待する場合、そのローヤルゼリーが生であるかそうでないかによって、摂取するべき量が異なるという点です。生ローヤルゼリーの場合は目安の量で十分な効果が得られますが、感想ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーの場合は、生ローヤルゼリーと成分の量が異なりますので、生ローヤルゼリーに置き換えた場合、どれほどの量を摂取する必要があるのかを計算する必要があります。

 

その見分け方の基準になるのが、デセン酸の含有量です。このデセン酸、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分で、「デセン酸の含有量」=「ローヤルゼリーの品質」と言われるほど、デセン酸が多く含まれていればいるほど、品質の良いローヤルゼリーとなります。

 

通常のローヤルゼリーの場合、100gあたり、デセン酸は2g配合されているものが多いので、この量よりも多いローヤルゼリーならば品質の点で問題ありません。

 

デセン酸はローヤルゼリー内に含まれる約40種類の成分の中でももっとも身体に良い成分として期待されています。主な効能に更年期障害の症状の緩和の期待など。また女性ホルモンと同様の作用を持っていて、血糖値のコントロールや過剰な皮脂の分泌をブロックしたり、血液中のコレステロールの値を減少させてくれたりもします。また、自律神経失調症や、骨粗鬆症にも効果があり、抗菌効果もあることから抗生物質に似た役割も担っています。

 

ローヤルゼリーを選ぶ時は、このデセン酸の含有量が大切です。どの程度含まれているか確認することで、無駄なく、身体によいローヤルゼリーを摂取することができるでしょう。


ホーム サイトマップ